読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホイットニー・ヒューストン

あの時私はホイットニー・ヒューストンだった。
部屋とワイシャツとホイットニー・ヒューストンだった。
なんでもないようなことがホイットニー・ヒューストンだった。
一日に三、四時間はホイットニー・ヒューストンだった。
最盛期には七、八時間はホイットニー・ヒューストンだった。
朝九時にはもうホイットニー・ヒューストンだった。
去年の七月末までホイットニー・ヒューストンだった。
頂き物のブルーベリージャムもホイットニー・ヒューストンだった。
アヲハタ自体もホイットニー・ヒューストンだった。
無添加だった。
居酒屋でもとりあえずホイットニー・ヒューストンだった。
とるものもとりあえずホイットニー・ヒューストンだった。
常に-既にホイットニー・ヒューストンだった。
血圧、血糖値が正常なのはホイットニー・ヒューストンだった。
唯一性癖が正常なのはホイットニー・ヒューストンだった。
交通事故で消防署に電話したのもホイットニー・ヒューストンだった。
人生のすべてがホイットニー・ヒューストンだった。
人生ゲームもホイットニー・ヒューストンだった。
樽にナイフを刺して人形がボーンと上に飛び出たら負けになるゲームもホイットニー・ヒューストンだった。
そうそうあれあれ。
あれってボーンて出たら勝ちにしたらいいと思う。
マイケル・ジャクソンホイットニー・ヒューストンだった。
えなり・かずきもホイットニー・ヒューストンだった。
パックンもマックンもホイットニー・ヒューストンだった。
マナカナ若貴ホイットニー・ヒューストンだった。
とくダネの司会もホイットニー・ヒューストンだった。
朝ズバの司会もホイットニー・ヒューストンだった。
笑っていいともの司会はタモさんだった。
荒川区在住のホイットニー・ヒューストンさんです。
桃から産まれたのもホイットニー・ヒューストンさんです。
まさかり担いだホイットニー・ヒューストンさんです。
売り切れ次第終了のホイットニー・ヒューストンさんでした。