読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「竹の子族よ永遠なれ」『八重の桜』第十三回レビュー 

八重の桜

前回の放送で会津・薩摩軍が長州軍を打ち破り、長州は京から敗走した。怒りがおさまらない幕府は長州征伐に向けて準備を進める。


一方、会津では、京都から会津に戻った秋月悌次郎が、覚馬からの伝言を持ち帰った。なんと、尚之助に会津にとどまる必要はないという。ちょっと前に結婚をすすめてきたくせにどういうことか。これは、いつになっても会津藩への仕官がかなわない状況で、尚之助を会津に留めておくことで彼の才能を無駄にするわけにはいかないという覚馬の配慮であった。まったくややこしいこと言いやがる。八重も尚之助もこっちへ来いと言われたりあっちへ行けと言われたりで、どうしたらええんやとアタフタしちゃいます。


しかし、数日後、尚之助は新しい銃を完成させた勢いで八重に求婚する。なんと、俺にはこの銃を作る腕があるから、日本全国どこででも充分に食っていける。だから結婚してくれろと言うのだ。正規雇用がダダ減りして充分なお給料が得られないために結婚にも二の足を踏む若者が少なくないという今の世相を反映させているのだろう。いや、確実に反映させていない。それは兎も角、めでたく八重と尚之助の結婚が決まる。


場面変わって舞台は大阪。元水球日本代表の西郷隆盛が、長州征伐をめぐる政治情勢について意見を求めるために勝海舟のもとを訪れる。その会談で海舟から「あんたは長州をどうしたいんだい?」と問われた元水球日本代表の西郷隆盛は「KISSに撃たれて眠りたい」と答える。驚いた海舟は柿の実をひとつ握りつぶして無駄にしてしまう。海舟との会談後、元水球日本代表の西郷隆盛は長州征伐の主張を引っ込めて、長州との和平へと舵を切る。幕府の主戦派は憤るが元水球日本代表の西郷隆盛が水面下で圧力をかけたのか、長州が恭順の意を示すことを条件に和平案が通る。これにより、さらなる内戦は、ひとまず回避されることとなった。


そして再び舞台は会津。秋月と西田敏行(本人役で出演)が竹の子を食べている。私には竹の子に見えたが、ひょっとするとあれは巨大なホタテだった可能性も捨てきれない。それでもふたりが竹の子を食べていると、八重の結婚の話になる。ひょっとすると巨大なホタテだったかもしれないが、さらにふたりが竹の子を食べ続けていると、山本家で居候している尚之助と結婚するとなると山本家の中で嫁入りが完結しちゃって折角の祝言なのに嫁入りらしいことができなくて八重が可哀想だよね問題が浮上する。ここで元竹の子族の西田敏行(本人役で出演)がさらに竹の子を食べながら、俺にいい考えがあると言い出して、八重は秋月家から嫁入り行列に出るということになって、綾瀬さんの花嫁姿がきれいきれい。ひょっとすると竹の子族ではなくホタテマンだった可能性も捨てきれませんが第十三回はこれにておしまい。


八重と尚之助の結婚ということで空気を読んだ新島襄は出演を辞退した模様です。同志社大学関係者が頭を抱え、仏教大学関係者がほくそ笑む姿がまざまざと思い浮かびます。山形大学はそれどころではないですが頑張ってください。