読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代詩

計量カップと格差社会

長年使っていた計量カップがあっさりと壊れたのは暑い夏の日だった。ほんの少し前のことなのに随分前の出来事のようにも感じる。真夏のあの暑さを夏の終わりになるともう思い出せないのと同じことかもしれない。仲の良かった夫婦でも、きっかけすら思い出せ…

現代人の自由をパスタが脅かす

いつ頃からかはっきり覚えてないですが、パスタの乾麺が100gづつ束ねてあるタイプのものが売られるようになりました。必ず日本のメーカーの商品だったりする気がしますがそれはそれとして。500g入のパスタだったら5束に分けられているわけです。大人1人前…

ホイットニー・ヒューストン

あの時私はホイットニー・ヒューストンだった。 部屋とワイシャツとホイットニー・ヒューストンだった。 なんでもないようなことがホイットニー・ヒューストンだった。 一日に三、四時間はホイットニー・ヒューストンだった。 最盛期には七、八時間はホイッ…